2015年05月

形のいい唇にうっすらと挑発的な笑みをのせて言う。 行かないでくれという心の叫びは見透かされていたのだろう。悠人のために予定を変更するなど王賜豪總裁ありえない。そんなことは最初からわかっていたけれど。何も言い返せないまま、テーブルの上でこぶしを震わせながらうつむいていく。「泣くなよ」その声につられて顔を上げると、大地がシャープペンシルのノック部分をまっすぐ鼻先に向けてきた。「帰ったら、おまえに一日つきあってやるからさ」「えっ?」予想外の話に目を見開き、瞬かせる。
 

これまでにも一日のあいだ一緒にいたことはあった。ハンググライダーの訓練に行ったときなどは、二日間ほぼ行動をともにしている。ただ、どれも大地が勝手に決めたことで悠人の希望ではない。もちろん決して嫌なわけ王賜豪總裁ではないのだが。つきあってやるよという物言いからすると、今回は単に一緒に過ごすだけでなく、悠人の希望を叶えてくれるつもりなのだろう。こんなことは今までに一度もなかった。まだ悠人を手放す気はないと思っていいのだろうか。しかし。美咲は二週間で、僕は一日か」
「ずいぶん欲張りになったな」一日つきあってくれるだけでも奇跡みたいなものなのだ。思わず口をついて出たひとりごとは軽く一蹴された、と思ったのに。じゃあ二日やるよ。何かやりたいことを考えておけよ」
 そう言って大地はいたずらっぽく口もとを上げると、レポート作成を再開する。さきほどまでのやる気のなさはどこへいったのか、もうすっかり真面王賜豪總裁目な顔になり目の前の課題に集中していた。文字を綴るかすかな音だけが聞こえている。
 おまえは、ずるい——。
 悠人は鳩尾にこぶしを押し当てながらゆっくりとうつむき、唇を引きむすぶ。何も期待してはいけない。わかっているはずなのに心は簡単に思考を裏切ってしまう。を恨めしく思いつつ、大地に気付かれないようそっと深呼吸してシャープペンシルを持ち直した。

その後の后はすぐなかったし、我々は二鉄パイプを持って、自分の世界に生きている。あなたには大勢の友达にお礼を言って、私はかけがえの片方だった。私とあな康泰旅行社たはふたりの成績のひとりが、北朝鮮で、もう一つは南になるからだ。でも私たちの身長で、もう一つは東と西。唯一のとは違って、唯一の連携」というのは、よく私をあなたの一挙手一投足をチェックした。この时の私はいつも自分が足りない大胆な手口できない程を胸にしても、爱の悪されてはいけないという話をしている人のように、ドローイングは、私の好きなあなたは、ペン画の描写がでてきます。そして、自分が描いた絵をしてみせる。

時間は何によってややに滞在して、またたく间が中学三年高校受験が近づき、皆忙しい忙しい考高校、先生の神経は跃った、言葉も多くなって、言いますのは、われわれの未来についての話題となっている。後ろ黒板のカウントダウンが鮮やかなdermes 投訴注意してこの一団が飛び出し戦の試験の血をしようとした。ついに、挑戦の時、すでに知らず知らずのうちにさらされたことが近づいてきた。しかしその时、神は私のしたことをジョークを言った。みんな器重続けてきたのではありませんが、私は知っていた名門高校に入学したということは何をその存在をすべてが教えてくれたから、私は大学にできないで、仆が当時の記録は、普通の高校に通うことができる、でも親では絶対に行かせてな、彼女たちはまだして試験のときにしてくれたこと、ないで重点的には作らない高校生になりました。世界の瞬間を崩壊させ、理性的に私に教えて、私の未来今日からひどかった。

私は泣いて、第1回は感じました生活の残酷さが、初めてしようとしている家を离れて、离れたことを、自分の失败を连れて親の先生の失望を连れて私はあなたへの想いを離dermesれて歩いたことを。それはお前への想いを希望していない距离によって引っ張り遠どころか、むしろさらにの如く堤防の水が涌いてくる。

私へ行った区役所の1校连大だったし、僕が中学の時と同じである。今度も私は一人で、このよく知らない都市骨太だった。ただ、キャディでは幸いです。私はもたいした男の子,もしあなたのようなのは普通で、私の顔を見るのだ。

ウンは外部からの刺激を受けると激Dream beauty proしくニオウ。「もしや?! ひょっとして」と、足をもちあげ靴裏を見たら

「ドストライク」で踏んでいました!( ̄▽ ̄;

「あ゛ーーーー」

靴底はウンだらけです。

持っていelyze好唔好たナイロン袋で靴底を拭きとり、取れない部分は枯れ草の上を踏みつけてゴシゴシ。

そういう動きをジタバタしているところへ、運動公園にはあまり似合わない背広姿の男性がこちらを見ないように、前だけ見据えDream beauty pro 脫毛て通りすぎてゆかれました。

ひょっとして、今の行動やひとりごとは全部??????(; ̄O ̄)

ま、運がついたと思えばいいさ~~~~

↑このページのトップヘ